ごみを燃やせば毒が出る。東京都・平成30年度維持管理表より

東京都一部事務組合、ごみ焼却環境破壊資料。 東京都をはじめ日本全国どこも、ごみを焼却している。ごみを焼却すれば毒がでる。環境破壊、これはその資料。ゴミは焼却してはならない。 「1」 焼却炉から「水銀」放出。 「2」 焼却炉から「ダイオキシン」放出。 「3」 大気中のダイオキシン数値より焼却炉内のダイオキシン数値のほうが小さい、そんなことないはず、なぜ? あり得ない。      …

続きを読む

原子力規制委、後ろ向き「住民守るためと思えず」

東京新聞・こちら特報部の見出し記事、これをこの文章のタイトルにした。 規制委とは原子力規制委員会のことで、記事はヨウ素剤を取り上げている、見出し記事を更に付け加えると「ヨウ素剤、狭まる備え」、「事前配布対象『40歳未満』に転換」とあり、そして、「ヨウ素剤が身近になれば原発への恐怖呼ぶからでは」とある。 ヨウ素剤は原発事故で放射能放出のときに甲状腺がんの程度を低減させるための薬剤で、周…

続きを読む

古賀誠 元自民党幹事長、 発言、危険。

東京新聞記事「古賀誠元自民党幹事長に聞く」の脇に、戦争末期に似る「政治の貧困」の見出しが出ていた。 見出し記事に、現在が「戦争末期に似る」とあり、現在が「政治の貧困」なのか、そうみえる。 戦争末期は昭和19年、20年として、あの時代、「政治が貧困」であったのかを考えたが、それより、あの時代に「政治」があったのだろうかの疑問が湧く。政治とは民のためにあり、なにをするか、どうするか、では…

続きを読む

これでも原発再稼働させるのか?

原発の危険は明らかだ。https://16915802.at.webry.info/ そして2019.8.12新聞記事に、東電福島原発賠償を求めた裁判外紛争解決手続きで和解案の拒否を続けている、とある。 今、原発を再稼働させている地域住民、「基準の適合性をみているが安全」とは言ってない原子力規制委員会。そして原発爆発で郷土を奪われても賠償を拒否し続ける電力会社。 これでも原発再稼働…

続きを読む

原発技術は破綻 必ず事故が起こる。

{1} 東京新聞2019.7.31記事「米規制委元委員長、警鐘」 記事「原発技術は破綻 必ず事故が起こる」に、「業界という「圧倒的な存在」が規制当局や政官界にまで幅を利かせる構図が必要な安全対策を阻み、経済性が落ち込んだ原発を延命させる一因になっていると」ある。だが、日本では違う。 業界という「圧倒的な存在」が規制当局や政官界にまで幅を利かせる構図・・・・とあるが、日本では…

続きを読む

対馬で、朝鮮通信使再現パレード

東京新聞8月7日夕刊記事に「韓国市民、変わらぬ友情」の記事が出た。 朝鮮通信使とは、室町時代から江戸時代にかけて朝鮮から日本へ派遣された外交使節団で、正式名称を朝鮮聘礼使、500年余も続いた歴史的友好使節,とある。 今、日本と韓国とがギクシャクしているときに、この東京新聞記事が出てほっとした。 記事の始めに「本当によく来てくれた」とあった、そう、「本当によく来てくれた…

続きを読む

制作と展示、自由でなければならない。

河村名古屋市長の「表現の自由には一定の制約がある」の発言は、絵を書いている人間にとって、絵には一定の制約があるのは、当然、何を描き何を描かないかは絵描き個人の自由で、他人からとやかく言われるものではない。 東京新聞記事 それからすれば、展示してあるものを、何を見て何を見ないか、更に、どう見るかは見る者の自由である。絵、制作物をどう評価するかは自由でなければ、見られない。 …

続きを読む

民主主義?国家主義?この日本どっちへ行くのか?

新聞記事をみて「今の日本は、民主主義?国家主義?」を思った。この数日の記事を挙げてみる、いずれも東京新聞である。。 1. 辺野古下請け、黒塗り開示   8/3 2. 原発事故・国の責任否定 名古屋地裁 8/3 3. 福島原発被害、覆い隠す「復興五輪」。 8/4   政治と大資本の暴走、五輪に便乗。 4. 少女像展示の企画展中止 名古屋市長が撤去要請 8/4    …

続きを読む

新聞記事より、東京五輪、排除の不安、人権無視。

福島原発爆発により原発周辺市町村は立ち入りができず人々はその地を離れた、放射能汚染水が海に流れ出て、福島の不安は続いていた。東京五輪招致のとき招致会場で安倍晋三首相が「福島原発の汚染水は私の管理下にある」と言い東京招致の賛成を得た。私たちは首相の嘘発言を呆然として聞いた。 福島原発爆発の放射能汚染は現在も続き、福島の復興はいまだ途上にある。 いまも、福島の苦難と五輪開催、両立できるも…

続きを読む

新聞記事、不備。規制委から柏崎市へのお詫び文書。そして更に、

新潟日報が東電柏崎刈羽原発の連絡ミスを「地震発生の後、東京電力が柏崎刈羽原発に「異常あり」と誤って自治体に連絡した問題で、東電の緊急時の体制に疑問符が付いている」と報じていた。 今朝、東京新聞に記事がでた。2019.7.20『★規制委が柏崎市に「お詫び」』記事。 誤情報については、ブログ・明日に向けてで、柏崎刈羽原発事故のファックス。次々と疑問が湧く、と題して東電の事故の…

続きを読む

柏崎刈羽原発事故のファックス。次々と疑問が湧く。

7月17日東京新聞記事に「城下町でかすむ再稼働の声」の見出しで、柏崎刈羽原発について柏崎市の状況が出た。 記事に、「山形県沖を震源とするM6.7の地震の際、柏崎刈羽の職員が「原発に異常あり」と市役所にファックスを送った、だが、桜井市長が市職員に再確認させ、東電のミスと判明。」とあった。 ミスは桜井市長の再確認に対する東電のミスの返事。状況が明らかになったが、桜井市長が再確認し…

続きを読む

物事が決まった後では圧力は除けられない。

昔、小学生だったとき国は戦争をしていた。大日本帝国の時代、上からの命令で生きていた。生活は戦争一色、学校で先生に殴られ、巡査を恐れ、戦争末期に街が焼かれて生死の境を生きた。 戦中か戦後か、物事が決まってからでは圧力は除けられない、これを自覚した。そして新憲法ができた。 今、その憲法を変えるという。ならば、 七十数年前の自覚、意見があるなら今言わなければならない。ここで意見を言おう…

続きを読む

防衛省天下り先のコンサル会社が「計画」に関わっていた。

「計画」とは? 沖縄県辺野古軟弱地盤の建設計画。海面から90mまで続く軟弱地盤に7万7千本の砂の杭を打ち込み地盤を固める工法である。 2019.7.13記事に、「沖縄県の埋め立て承認撤回に対して防衛省が国土交通省に行政不服審査請求して作成した『地盤に係る設計・施工の検討結果報告書』に7万7千本の砂の杭」が、記述されている。 以前、この計画が新聞紙上に出たとき、「90mの砂…

続きを読む

「ゴミ焼却 やめよう」、世界各地で異常気象

異常気象は地球温暖化が原因だという。我が家のごみはごみ焼却場で燃やして処理している。それも700~800度の温度で燃やしている、日本全国どこでもごみを燃やしている、とすれば地球は熱くなる。 数日前、テレビで、中国大陸に大竜巻が発生して都市が破壊されていく姿が映し出された。物凄い映像だった、風速百数十メートルであろう、屋根が飛ばされ、窓が吹き飛び、車が仰向けになっていた。 台風は風速三十~…

続きを読む

東京電力、原発安全か?質問の答えは“ピンボケ”

6月19日に東京多摩地区市民有志が東京電力八王子支社に「東海第二原発への資金援助を止めるよう」文書の手渡しをした。この際、「東京電力の原発の安全性についての質問書」を同時に手渡した。  原発の安全性について、原子力規制委員会が『原発の新規制基準を満たしても絶対的な安全性が確保できるわけではありません』と極めて無責任な発表をしており、東京電力の安全性についての考えを確認するために、質…

続きを読む

茨城県の動物愛護、最低?

茨城県が「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」を作った。ガイドラインは民間の意見を聞かずに作ったという、 動物愛護には民間の人たちが深く関わっている。民間の意見を聞かずにガイドラインの作成はあり得ない。 ガイドラインはセンターに収容した犬の中から民間譲渡する犬を選別するための基準だという、収容された犬は選別されなければ、殺処分する。 このガイドラインを県職員だけで作ったという…

続きを読む

柏崎刈羽原発の地震被害を発表しない、東京電力何故か?

12年前、「2007年新潟沖地震」で柏崎刈羽原発は大きな被害を受けた。被害は福島原発爆発の一歩手前だった。 この時には新聞社が連日報じていた。その記事をまとめて「東海地震・浜岡原発」 http://toukaijisin.starfree.jp/ に載せた。 http://toukaijisin.starfree.jp/07.9.5%20kasiwazakigenpatuhoudouki…

続きを読む

“犬猫、捨てるな、殺すな”

あ、可愛い!といって通り過ぎ、わ、素敵!といって立ち止まり、可愛い犬猫を買っていく。 街に動物連れの人たちが増え、可愛い!の生活をしている、そして犬猫たちが子供を産みさらに可愛い!に明け暮れる、だが、気がつくと、犬猫の多頭飼いになっていた。犬猫は飼い始めれば修正飼育で無ければならないのだ、捨てるなどとんでもないこと。 それだけではない、ペットショップに並んでいる綺麗で華やかな世界の裏では…

続きを読む

銃砲、刀剣類は持ってはならない、「原発、持ってはならぬ」

私たちの国では「銃砲、刀剣類を所持してはならない」として、このことで私たちの身の周りは平和が保たれている。貴重なことだ。 福島第一原発が地震で壊れて、今まで経験したことのない凄い放射能災害を引き起こしたのは誰もが知っている。あれは大変な大災害だ。時空を越えた大災害、二度と放射能災害は起こしてはならないと、誰もが考えた。 ところがこの災害の原因を、地震や津波や噴火として議論している。問…

続きを読む

茨城県、犬猫殺処分ゼロを目指せ!

「CAPINホームページ」・知事定例記者会見6月24日、 より(赤字;市民意見) ● 「茨城県動物愛護 6月24日発表」・知事定例記者会見記事を読んだ。 意見、 知事発言に誤りがある、記者にも事実誤認がある。従って、記者会見の内容は事実誤認、そのやり取りである。 記者会見、知事発言 「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」を制定し,6月から運用を開始いたしました。ガイドラインの中…

続きを読む